カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

住宅の保険について「持っている人のための保険」

 お知らせ

保険と言うと「生命保険」「医療保険」「自動車保険」などが良く話題に出ます。
しかし、我々不動産業者が一番多く扱うのはなんといっても住宅系の保険。
でも皆さん、詳しくはご存じないようです。
まあ、自動車保険のようにしょっちゅう更新するわけではないので、あまり気にしないのかもしれません。
今回はその住宅系の保険の説明です。

住宅系の保険は大きく分けて2種類にわかれます。
「持っている人のための保険」と「住んでいる人のための保険」です。
一般的には「持っている人」=「住んでいる人」ですが、賃貸の場合は違ってくるので、リスクごとに分かれています。

まずは「持っている人のための保険」です。
建物を持っている人はその建物が無くなったり壊れたりした場合、経済的なダメージを負います。
よくあるケースが火災ですね。
そのダメージを保障するのがこの保険、一般的には火災保険といわれます。
現在では火事だけではなく、水害、風害、地震などいろいろなケースに対応できる総合保険が一般的です。

この保険は、建物の構造・材質・大きさ・築年数・建物価格・保険期間などと、保険金額(保証して欲しい金額のこと)を計算して保険料が算出されます。
ちなみに建物が火災等で損害を受ける確率は結構低いため、保険料は安めです。
今どきの燃えにくい建物の場合、35年保障で30万円程度なんていうのもざらです。
自動車の保険に比べるととても安いです。

これは住んでいる人(占有者)の意思は関係なく掛けられます。
逆に言うと、所有者ではない占有者がこの保険を掛けることはまずありえません。
また、中古住宅の場合、前所有者が掛けていた保険は現所有者に引き継ぐことはできません。
所有権移転と同時に新しい保険を掛けるべきでしょう。

次回は「住んでいる人のための保険」です。



にほんブログ村
埼玉食べ歩き





  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.