高崎のグルメ

高崎市若松町「松島軒」の昔ながらの黄色いカツカレー

2019年6月9日


昔ながらの黄色いカレーライス!
創業昭和12年!
大衆食堂!
こんなに見たら入るしか無いだろうがっ!





高崎市若松町「松島軒」


やってきたのは高崎市若松町、JRの高崎駅西口から歩いて5,6分のところにある大衆食堂「松島軒」です
この日はハルヒルの前日受付で高崎までやってきました。
せっかく来た高崎、中華定食だけで終わらす訳にはいかない。
連食だ、連食!


メニュー


店内は狭いけどキレイで清潔感有り。
駐車場は無いようです。
さっそくメニューをチェック。
ラーメンと丼もの、それにカレーがあります。
単品のカレールーがあるので、全てのメニューをカレー化することができそう。




カツ丼+半ラーメンやカレー+半ラーメンなどのセットものも充実。
でもカレー+カツ丼はないのか!?



もちろんカレーをいこう。
連食だけど迷うことなくカツカレーをチョイス。
でも大盛りを頼む勇気はありませんでした。




この紙ナプキンに包まれたスプーンがいいよね。
わかってらっしゃる。




黄色いカレー、白い皿、真っ赤な福神漬。
完璧過ぎるその姿に惚れ惚れ。
わかってらっしゃる、わかってらっしゃいます。



黄色いカレーはもっっっっっっったり(褒め言葉)で期待を全く裏切らない味。
表面のカレー粉の味の裏に隠れた旨味、これぞ黄色いカレーよ。
粘度は歴代トップレベル、というか間違いなくトップ。
意外とスパイシーで、食べ進めていくうちにじんわり頭から汗が吹き出します。




カツは小さくて薄めのが2枚。
このカレールーが衣にたっぷり絡んで非常に美味い。
カツカレーのカツはこういうタイプが美味しくて食べやすいよね。




後半はソースをちょろっとかけて頂きます。
ソースの旨味と酸味もよく合うな。
やっぱり黄色いカレーはこうでなきゃ、という黄色いカレーでした。



ご馳走さまでした。
満腹満足です。
食後は店主さんとハルヒルの話で盛り上がりました。
下山会場で出店とのことだったので、翌日はカツ丼をゲット。
今度はカツ丼にカレールーを乗せてみたいな。


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

掲載情報について

このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの執筆当時での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。
  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-高崎のグルメ
-, ,

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5