八木橋で開催中の「マクロス30周年記念 ザ・マクロス原画展」に行って来た

2013年7月19日埼玉のイベント・スポットイベント, マクロス, 熊谷,


お知らせ



さて、今日から2日間は籠原のお祭り。
明日から3日間は熊谷のうちわ祭り。
その他、各地でお祭り!お祭り!お祭り!の季節ですね。
気温も暑すぎず、調度良い感じだね。


s-IMG_4903
それに先立って個人的に楽しみだったお祭りに行って来たぜ!
まずは7月13日に幕張メッセで行われたマクロスクロスオーバーライブ30
歴代のマクロス作品の歌姫たちが集結して一夜限りのライブを行うという、マニアには垂涎モノのイベントでした。
いや~、良いイベントだったなぁ~
会場と運営は最低だったけど、歌手たちのパフォーマンスは(一人を除いて)最高でした。
もちろん私の崇拝する歌バサラこと福山芳樹さんも熱唱。
めちゃくちゃ熱かったぜ!


s-IMG_4992
その興奮も冷めやらぬ昨日、現在八木橋で行われている30周年記念 ザ・マクロス原画展」に行って来ました。
「なぜ熊谷で?」「なぜ八木橋で?」と最初は思いましたが、これはマクロス関係者と八木橋さんがわざわざ私のためにやってくれてるんだとピンときたね。
そうとなりゃあ行くしか無い。


s-IMG_4995
このイベントはマクロス30年の数々の作品の原画やイラスト、セル画などを展示するもの。
まあ、原画やイラストと言ってもさ、全部見たことある絵なわけよ。
当初はいまさらオリジナルを見ても仕方ないって思っててさ、でもせっかく近くでやってるんだし、話のタネに見とこうかなって行ったのね。


s-IMG_5010
いやぁ、全然甘い考えだったね!
まず大きさが違う。
こういう原画って凄く大きいんだね。
縦1mくらいある絵に綺麗に色が塗ってあるんだよ。
てっきりもっと小さい絵かと思ってたんだけどビックリしたね。


s-IMG_5011
そして今まで見てた絵は画面や印刷物でしか見てないわけよ。
画面も印刷物もすごく細かい点の集合だから、実際の絵とはやっぱり違う。
本物はやっぱり伝わってくる何かがあるよ。
アナログとデジタルの違いというものを圧倒的に見せつけられたね。
それにしてもあんな大きい絵や細かい絵を全部手で書くんだから凄すぎる。
美術系がからっきしダメな私には眩しすぎる!
手書きのバルキリーのメカデザインなんか感動しちゃったよ。



AIOBO
ちなみに「劇場版 超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」のメインイメージであるこの有名な絵、長年行方不明だったそうです。
行方不明ってんのもすごい話だけど、今回見つかって展示されていました。
ああ、懐かしい~
そういえば劇場版公開当時、すかいらーくでキャンペーンをやっててさ、景品として下敷きをもらった事を覚えているよ。
まだ実家を探せばあるかな?



s-IMG_5013
なお、家にあったDVDを見たら構図は同じの違うイラストなんだね。
並べて展示して欲しかった!



展示比率はマクロスFが50%位、初代マクロスとが30%位、残りはその他の作品ってところ。
私の好きなマクロス7はセル画ばっかりでちょっと残念だったね。
とにかくまあ、マクロス好きなら行って損はなし!
珍しい所では初代マクロスのロイ・フォッカーがかぶっていたヘルメットのレプリカが展示されてたよ。
ヘルメット、尖り過ぎ!


グッズも色々販売してたけど、7関係は・・・(涙)
でも来年はマクロス7の20周年記念の年。
色々と期待してますよ~



なお、明日の20日(土)は美樹本晴彦さんのサイン会!
先着100名様!
朝に整理券配布!