上里町七本木「モロッコ」のカツカレー・山盛り・辛口

2012年10月12日上里のグルメカツ, カツカレー, カレー, デカ盛り, 満腹, 漢のメシ, 辛い


お知らせ



自民党総裁選挙でちょっと話題になったものといえばカツカレー。
一流ホテルのカツカレーが3500円くらいというのは別に高くないと思うよね。
でもそれを叩こうとするマスコミって、いったい・・・
政権交代前とまだ意識が変わらないんだねぇ。




ということで今日はカツカレーでいってみよう。
やってきたのは上里町七本木にある「モロッコ」です。
ここは今時珍しい「カレーライス」の専門店です。
「カレー」の専門店じゃなく、「カレーライス」の専門店ってところがポイント高いんだよね。
以前からのお気に入りで、「六助」「達よし」と並んで、個人的には「本庄3トップ」であります。
毎年1,2度は来るよ。



中はなんとなくアメリカンな感じ。
ここのカレーはいわゆる「家庭のカレー」です。
これが中々外では食べられないんだよね。



メニューをチェック。
ライスの量は「お子さま盛り・半盛り・普通盛り・大盛り・山盛り」の5段階、辛さは「甘口・中辛・辛口・大辛・ゲキ辛」の5段階。
色々なトッピングもあり、自分好みのカスタマイズ、カレー設計が楽しめます。
今日は何にしようかな?
まあ、余り迷うことはない、いつものアレにしよう。



カレーにはスープとサラダが付いています。
カレーよりも先に出てくるけど、焦って食べるのは待つべき。
これらはカレーのアシスト役だから、先に食べちゃうと後がキツイ。



さーて、来ました、来ましたよぉ~。
いつもの「カツカレー・山盛り・辛口」だ!
こんなにごっつい量を食べていい歳ではないはずですが、毎回、反省はしておりません。



画像ではイマイチ大きさがわからないけど、実物はけっこうな大きさと重量感がある。
白いご飯、ドロリとしたカレー、揚げたてのカツ、そして立ち昇る香辛料の香り。
今、こうして記事を書いている私の脳と鼻に、その香りは完全に再現される。
あ~、喰いてぇ~



っと、待て待て。
福神漬とらっきょう漬けを忘れちゃいけない。
落ち着いて、下品にならない程度にドバっといこう。



さあ、準備完了、戦闘開始だ!
いっただきまーす!!



くぅぅ、相変わらずうめぇなぁ。
インド風でもない、タイ風でもない、欧風でもない、これぞ日本のカレーライス!
なお、今回は「辛口」にしたけど、私にとっては「ちょっと辛いな」ってくらい。
中辛だと逆にちょっと物足りない。



これだよこれ、この粘度!
そしてこの味!
福神漬けやらっきょう漬けも非常に合う。



カツもいっちゃいますかぁ?
カツもいっちゃいますかぁ?
カツもいっちゃいますよぉ!!



カツの肉は厚すぎず薄すぎず、カツカレーにはちょうどいい感じ。
何と言ってもたっぷりとカレーが絡んだ衣が最高に美味!

カツカレーのカツ、主役は肉じゃなくて衣だと思う。
それにしてもなんでこんなにカツとカレーの相性がいいんだろう?
何やら神の意思を感じる。




こちらはやさいカレー
色々な野菜がごろごろ入ってるぞ。
こっちは中辛にして正解。
マイルドでぐっと味が引き立つ。



ふぅぅ、ご馳走様でした。
いや~、思う存分食べたなぁ~!
けっこうな量のはずなんだけど、カレーライスはすんなり食べられちゃうんだよなぁ。
そして次の日までお腹が減らないのよね。
あ~あ、こんなに炭水化物食べちゃって・・・
いや、でもカレーは魂のガソリンだからね、問題ない!