埼玉のイベント・スポット

熊谷市桜木町2丁目「熊谷市立文化センター」のプラネタリウム館

投稿日:2010年8月8日 更新日:

さて、熊谷空襲とその時代展も見たし、キムラヤのパンも食べた。
続いてプラネタリウムで昼寝、いやいや勉強と行こうか。



s-IMG_5653
s-IMG_5657
さすがに夏休み、親子連れのお客さんが多いぞ。
定員は100人程のこのプラネタリウム、4,5割は埋まっている感じ。
プラネタリウムの椅子は背もたれがグーンと倒れるので非常に気持ちイイ。


hokuto
まずは熊谷の夜空や今の季節の星座などの解説があります。
おお、北斗七星の位置はそこか。
ちなみに北斗七星といえば死兆星が有名ですが、この星はちゃんと実在します。
「アルコル」という名前の恒星で、古代アラビアではこの星が視力検査に使われていたということです。
また「これまで見えていたこの星が見えなくなると死が近い」と言われております。
北斗の拳とは逆なのね。


その後は番組が2つ放映されます。


「邪悪な小惑星から地球を守れ!」
apofis1
2004年に発見された小惑星アポフィスは地球軌道のすぐ外側から金星軌道付近までの楕円軌道を323日かけて公転しています。
2029年と2036年には地球に大接近するため衝突の危険性があります。
「人類は滅亡するんだよ!!!!」とキバヤシさんが叫びだすのは間違いないところです。


このプログラムはその危険を未然に防ぐために地球防衛計画をたてようというもので、アメリカ、ヨーロッパ、日本から3案が提示されます。
実現可能そうな提案もあれば「おいおい、松本センセに許可とったんかよ」という案も。
でも現実問題として、本当に衝突するとなったら今の科学じゃどうしようもないような気がします。
現時点では衝突の可能性は極めて低いようですが・・・
考えこむと結構怖い話です。


「真夏の魔物伝説~渡し守カロン~」
karon1
カロンとはこの世とあの世の間に流れる川「ステュクス」の渡し守をしている魔物です。
魔物と言っても彼の父も母も神様なので、実は本人も神様といってもおかしくない身分。
でも神の子も神とは限らないのか。


彼の仕事は死者の霊を小舟で彼岸へと運ぶことです。
日本で言うと三途の川ですね。
もちろんこの川は死者しか渡れないのですが、そこはそれ、無理を通せば道理が引っ込むのは古今東西同じこと。
「地獄の番人」「冥府の渡守」などと仰々しい通り名を持つカロンですが、いろいろなケースに四苦八苦。
なんだか中間管理職の悲哀を感じさせるお話となっております。
なお、カロンは冥王星の最大の衛星の名前にもなっています。


このプラネタリウムの料金は大人100円子供50円となっています。
暑い日に涼しいプラネタリウムで夜空を見上げるのは最高!
月に2回ほど屋上天文台で天体観測会もやってます。
上映時間や内容、休館日などの詳しい情報は以下で。


掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。
  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-埼玉のイベント・スポット
-, ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.