埼玉のイベント・スポット

熊谷市妻沼「妻沼聖天山」の春季柴灯大護摩・火渡り:後編

2010年4月21日 執筆者 : ダニエルさん

妻沼の聖天山、春季柴灯大護摩・火渡りの後編です。

s-shoden09
さて、巨大な御幣による豪快なお払いが済みました。
櫓はいよいよ豪快に燃え盛り中。
その次にお札を投げ入れて燃やします。
これは事前に1枚300円くらいで書いてもらえます。


s-shoden10
s-shoden11
s-shoden12
その後は櫓を崩して火渡りの道を作ります。
櫓自体はほぼ燃え終わりのため、割り箸のようなものを大量に投げ入れて再燃させます。


s-shoden13
s-shoden14
随分燃え上がります。
周りで見てるのでさえ炎の熱気がすごいんだから、近くにいる行者さんたちはもっと熱いんだろうなぁ。


いよいよ火渡りがスタート。
先陣を切る行者さんは刀を持って渡ります。


s-shoden15
On your mark...
いやいや、でもまだ燃えてますがな・・・・
もう少し待ったほうがいいんじゃない?


s-shoden16
Get set...
え、行くの?
熱そうですよ?
ヤケドしますよ?


s-shoden17
Go!!
うわぁぁぁぁ、走りよった~~~!!
でやぁぁぁぁぁーーーー!
あちちちちちちちち!!


s-shoden18
Goooooooal!!
走り抜けました!
そして目の前の青竹を一刀両断!
お見事!!


s-shoden19
s-shoden20
s-shoden21
その後も行者さんたちが次々にわたります。
走る者もいれば歩く者もいます。
後のほうの人は、火勢が弱まっているとは言え、油断すれば炎を踏む危険性もありそう。


s-shoden22
s-shoden23
行者さんが終わったら一般客の番です。
全員裸足で歩かなければなりません。
とはいえ、この時は道はしっかり整備され、ヤケドの危険性はありません。


s-shoden24
小さい子も行者さんに付き添われて渡れます。


s-shoden25
せっかくなので私も渡りましょう。
老若男女、いっぱい並んでます。


s-shoden26
渡る道はこんな感じ。
歩くところはヤケドの危険性はありませんが、両端にはいまだ火が燃えている状態。
おっちゃんおばちゃんは平気な顔して歩いていますが、見た目以上に熱気が来て実はけっこう熱いです。
焚き火に囲まれているようなもんだから、そりゃ熱いわけです。
そのため、適度に間隔をあけて歩かないといけません。


s-shoden27
渡り終えると護符をもらえます。
せっかくなので身につけておこう。


s-shoden28
というわけで、私の火渡り初体験は終わり。
非常に良い体験をさせてもらいました。
きっちり半年後、10月19日には「秋季柴灯大護摩・火渡り」があります。
次回も行けたらいいな!


s-EOS_20100419_1302
おまけ
大僧正の呪文!?
その威力、MAHALITOかTILTWAITか?


[map lat="36.228679201186246" lng="139.37565922737122" align="undefined" width="550px" height="400px" zoom="14" type="G_NORMAL_MAP"]36.228679,139.375659[/map]


本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

  • この記事を書いた人

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-埼玉のイベント・スポット
-, ,