カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

贈与税非課税枠、拡大へ=住宅取得対象に1000万円-政府

政府は15日、住宅取得資金を対象にした贈与税の非課税枠を2010年度税制改正で引き上げる方針を固めた。現行の500万円を1000万円まで大幅に拡大し、11年以降は段階的に規模を縮小する案を軸に詰めの調整を行っている。政府税制調査会が取りまとめる10年度税制改正大綱に盛り込まれる見通し。 国土交通省は新たな住宅投資の呼び水とするため、非課税枠の2000万円への拡大を要望したが、税調内の議論では結論が出ず、引き上げ額などをめぐり閣僚級の調整に入っていた。 現行の非課税枠は、麻生前政権が10年末までの特例措置として新設。高齢者の資産を若い世代に移転し景気刺激につなげるのが狙いで、住宅購入や改修の資金として親から資産贈与を受けた場合に限り、従来の基礎控除(110万円)と合わせて610万円が非課税となる。非課税枠が1000万円に拡大されれば、1110万円が非課税となる。(2009/12/15-23:50)
時事ドットコム
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco_30&k=2009121501053

「ああ、そんな話もあったっけなぁ」と過去の記事を見直してみると
住宅ローン減税が最大規模で復活!? (2008/10/24)
贈与税の優遇措置(2009/4/22)
などがありました。
この政策、「住宅を買えない人が買えるようになる」というものではありませんが、一部の「買おうか迷っている人が買う」効果はあります。
高齢者の眠っている資産を市場に放出し、なおかつ住宅産業は国内でお金がまわりますから、けっこうな景気刺激になるわけです。
不動産屋としては大歓迎です。

それにしても現政権の変身っぷりはすごいですね。
この「贈与税非課税枠」をはじめ、「エコポイント」「エコカー減税」など、結局前政権の経済対策はそのまま引き継ぎです。
そういえばこれらの政策は「金持ち優遇」「格差社会」と言って、当時の野党やマスコミは反対してましたよね?
さんざん邪魔しておいて、政権とったら掌返しですか。
ああ、「成功すれば民主党の手柄 、失敗すれば自民党の負の遺産」ですよね、良く解ります、ハイ。
だったら、ここは思い切って「贈与税は全廃」でいかがでしょう?
もちろん無期限の遡及効果ありで。
そうすれば例えば「ママからもらったお小遣いの贈与税」を払う必要がなくなりますよ?

おっと、イヤミが過ぎました。
前にも何度も書きましたが、私は支持している政党はありません。
「民主党だから全部ダメ」「自民党だったら全部OKだった」という気はまったくありません。
あくまでも政策ごとに判断しますので、今回の贈与税非課税枠拡大は支持しています。
ただ「それはあなたたちが反対していた前政権の政策と同じだよね」「だったらなんで反対して邪魔したの?」と言ってみたいだけです。

他にもいろいろ言いたいことはありますが、実際に日本を経営していかなければならないのは現政権です。
効果があるのなら、変なプライドは捨てて有効な政策をバンバンやってください。
そもそも良いものまで否定するからおかしな事になるんです。
前政権の良いところを取り入れた上で、さらに良いと思うことをやっていけばいいじゃないですか。
期待はまったくしていませんが、ずっと希望はしています。
あ、だからと言って売国政策だけは絶対反対です。

ああ、それにしても、マスゴミが偏向報道せずに麻生政権下のこういう政策をちゃんと伝えてたら、今ごろは他の国と同じ景気回復状態だったろうに。
「漢字が読めない」「ほっけの煮付け」「バー通い」はそんなに重罪だったんですかねぇ。
失った時間と、これから失う時間、考えただけでも心が重くなります・・・


にほんブログ村
埼玉食べ歩き
籠原周辺の情報
カゴハラウォーカー




  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.