カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

日記

セーケンコータイ

 お知らせ

長くて堅苦しい話なので、結論を先に書きます。
「日本人、マスコミに流されすぎ!」

民主党が歴史的圧勝、300議席越えで政権交代確実です。
あれ?
なにやら既視感が?
4年前は「ユーセーミンエーカ」というキャッチコピーで同じような事やってたような気が?
この選挙結果、本当に国民が選択したものなの?

今回のキャッチコピーは「セーケンコータイ」。
衆議院が解散してから40日あまり、色々な人と政治の話をしました。
ほとんどの人が「自民党はダメだから民主党にやらせるべき」と言う意見でした。
ただし、具体的な政策の話をしていた人は皆無。
民主党支持の具体的根拠を示した人も皆無。
マニフェストを読んでいる人もやはり皆無。
「高速無料」「子供手当て」くらいしか知らない人がほとんどでした。
そういう人の情報源はテレビと新聞。
「民意」はマスコミが作っています。

その時その時でコロコロ態度を変えるマスコミは、すべての結果にまったく責任を持ちません。
最近ではネットの発達により、マスコミの偏向・捏造報道が明らかになるようになってきました。
しかし、それでもまだまだマスコミの力は強大だということが証明された形になりました。

テレビや新聞等のマスコミが、公明正大で崇高で事実のみを伝えるジャーナリストだと信じている人は多くいます。
そういう人は、その発表された情報は偏り無く正確で、無条件で信じる事が出来ると思っています。
しかし、テレビや新聞は広告収入を主とする利益追求企業であり、そのためには発行部数や視聴率を伸ばすのが至上命題です。
そのためには発信する情報を面白おかしくして、人目を引かなければなりません。
その結果、偏向・捏造報道を繰り返すようになりました。
ただし、それを告発するものも、罰するものもありませんので、今現在でもやりたい放題です。

4年前は郵政民営化を焦点とした小泉劇場を面白おかしく取り上げ、自民党を大勝に導いたマスコミ。
それがいつの間にか「小泉改革路線がすべての元凶」と言わんばかりの反自民論調。
特にこの一年は、政府の良い成果はまったく報道しないのに対し、「漢字」「カップラーメン」「ホテルのバー」などのしょうもない理由で叩きまくりました。
「IMFの件」「インドとの同盟」「スパイ防止法」など、知っている人がいるのでしょうか?
逆に鳩山小沢両名の政治資金問題は華麗にスルー。
その結果が今回のこの選挙です。

そして政権交代。
4年前に熱狂的に支持された小泉政権と、「自民よりマシ」という消極的理由で大勝した民主党政権。
小泉チルドレンの替わりの小沢チルドレン。
まさにマスコミの思う壺。
4年前もうんざりしたものですが、今回はそれに輪をかけてうんざりです。

「とにかく政権が変われば良くなる」と考えている人は多いでしょう。
はたして、新政権のお手並みはどれほどのものでしょうか?
民主党の基本政策を見る限り、個人的には経済・教育・安全保障・社会保障など、残念ながらすべてにおいて期待はまったく出来ません。
今まで以上に混乱し、落ち込むのではないかと予想しています。
そもそも、今までさんざん借金を子孫にまわして生活してきたわけですから、より以上の生活を期待する事自体が間違っています。

4年前に自民党を大勝させたのがマスコミなら、今回民主党を大勝させたのも同じマスコミ。
なんだか、すぐに「こんなはずじゃなかった」「そんなつもりじゃなかった」という国民の声が聞こえてくるような気がします。
そうなればマスコミは掌を返して民主党を叩く事になるのでしょう。
マスコミによって選ばされた政権とは言え、結局責任を取る事になるのは国民自身ということは、有権者全員が意識して欲しい点です。





  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-日記

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.