イベント

深谷さくら祭りで煮ぼうと食べ比べ

投稿日: |author: ダニエルさん

日曜日に開催された「深谷さくら祭り」、今年はなんとか行くことが出来ました。
天気は上々で非常に気持ちのいい陽気でしたが、残念ながら桜は2,3割程度の咲き具合。
しかし、私の真の目的は桜ではない。
深谷名物の煮ぼうとの食べ比べであります。

今年は各チームによる100食完売レースということで、以下の6チームが参加。
nibouto
・グルメカラオケ ビッグスター
・麦香素(ばっかす)
・麦客庵
・武州煮ぼうとう研究会
・麦ん子/新吉
・花つばき
1杯300円で各チームのオリジナル煮ぼうとが食べられます。
それぞれ特徴がありそうで、どれを食べるか悩みまくりです。
ちょっと見ると、1杯でも結構な量があるので、さすがに6杯食べるのは無理そう。

出店の前で悩んでいると、次々に各チームからの勧誘が!
「ウチのは美味しいよ!」「さっきまで利根川を泳いでいたカモでダシを取ったんだ!」などなど。
さらに迷っちゃうじゃないの!
うーん、全部食べたいけど、絞り込むしかないか。
ということで悩んで3杯に絞り込みました。

s-img_0108
・麦客庵
s-img_0109
まずは1杯目。
汁はオーソドックスな醤油系。
麺は3杯中で一番細く、食べやすい。
その分、しっかり歯ごたえもあり、うどんに近い感じ。
「家庭的な味なのよ」という勧誘のおばちゃんの言葉どおり、ほっとする素朴な味です。
青菜を載せてくれました。

・武州煮ぼうとう研究会
s-img_0110
続いて2杯目。
醤油系統の味だが、それよりもいろいろ混じっている感じ。
麺は3杯中で2番目の太さです。
汁にしっかり野菜の旨みが出ている感じで、なるほど「研究会」の名前は伊達じゃない。
汁と言うよりスープか?
非常にバランスが良く、体の奥底に旨みが染み込みました。

・花つばき
s-img_0111
最後に3杯目。
「鴨の煮ぼうと」「マタギの味」「ハンターおすすめ」などの特徴的な売り文句に惹かれました。
煮ぼうとにしては珍しい塩系統の汁です。
麺は3杯中で一番太い。
汁は売り文句どおり、鴨のダシが良く出ています。
醤油系に慣れた舌には新鮮な味で、とても美味しかったです。

うーん、どれも甲乙つけがたい美味さでした。
春の青空の下、芝生の上で食べる煮ぼうとは格別。
なんとか行けて良かった!
今回食べれなかった3軒は来年チャレンジしたいですね。

掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。

-イベント
-

Copyright© 【カゴハラネット】 籠原・熊谷・深谷などのおすすめランチ・グルメ・地域情報など , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.