カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

賃貸物件:DKとLDKの違い その2

 お知らせ

賃貸のシーズン真っ最中の今、部屋探しをしている人も多いと思います。
今年はファミリー向けの2LDK~3LDKあたりがよく決まっています。
それも結構家賃的には高目が人気
逆にワンルーム系は全然ダメ。
派遣の問題は住宅市場にも極端に表れております。

人気と言えば「LDK」が相変わらずの人気。
でも明確な理由が無いのに「LDKがいい」と言う人もいらっしゃいます。

「K」はキッチン、「D」はダイニング、「L」はリビングです。
キッチンは文字通り台所、調理場です。
ダイニングはダイニングルームの略で、食事をする場所、食堂です。ダイニングとは英語で「食事」という意味です。
リビングは洋室の居間です。
これらを組み合わせると「DK」はダイニングキッチン、「LD」はリビングダイニング、「LDK」はリビングダイニングキッチンとなります。
くわしくは以前の記事をご覧ください。

LDKの魅力はその広さ。
なんといっても開放感が違います。
食卓とソファーと大型テレビを同時に置け、寝る以外はそこだけで生活出来ます。
間仕切りがない分使いやすく、現代の生活スタイルには合うと言えます。
一回LDKを経験してしまうと、次回もLDKを求める傾向があるように思います。

ただし、良いことばかりではありません。
広いと言うことは冷暖房の効率が悪くなるということです。
普通の6~8畳の部屋とは違い、エアコンも強力なものが必要。
強力なエアコンは高価です。
また、当然それにかかるエネルギーも多くなり、光熱費はぐんと高くなります。

例えば普通は料理・食事中はキッチンにいます。
ですからキッチンを冷暖房して、ダイニングはそのままで良いです。
そして料理・食事が終わればキッチンからダイニングへ移動します。
今度はキッチンを放置、ダイニングを冷暖房すれば良いです。
要するに使う部屋だけ冷暖房すればいいわけです。
が、LDKでは全部つながっています。
必ずしも必要ないのに全部屋を冷暖房しているわけですから、これは非常に効率が悪く、エネルギーの無駄遣いといえます。

2LDKと3DKの占有面積はほぼ同じです。
LDKの開放感をとるか、DKの経済性をとるか。
自分のライフスタイルに合わせて選択して下さい。



にほんブログ村
埼玉食べ歩き





  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.