カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

夕張市が土地200坪つきの市営住宅を1000円で売り出し

なんともまあ、すごい記事なので思わず紹介。

夕張の市営住宅、売値は1000円 財政難で改修費なく
北海道夕張市は30日、財政破綻(はたん)後の人口激減で空き家が目立つ市営住宅の中から比較的頑丈な2棟4戸を選び、まとめて「土地付き千円」で売り出すことを決めた。築54年でかなり老朽化しており、ふつうに住めるように改修するには100万円以上はかかると見られるが、市の担当者は「それでも安いはず。自然豊かな夕張でぜひスローライフを」と売り込んでいる。 

財政破綻で一躍有名になった夕張市、今度は市営住宅を売り出すことになりました。
その価格、なんと土地つき建物が1000円!
1000万円じゃないですよ!?
築54年とはいえ、改修すれば十分住めるでしょうし、土地も広々200坪!
夢のような企画じゃないですか。

売却するのは、小高い丘の上にあるブロック造りの平屋建て2棟と土地約630平方メートル。10年以上空き家で、今後も入居希望者が現れる可能性はなく、建物を解体しないまま売却することにした。

10年以上も空き家ですか。
まあ、人口も減る一方みたいですし、仕方ないですかね。
それでも持ち家がゲットできるんなら・・・

雪が積もる前にと11月6日に入札することとし、解体費も算入した査定をもとに最低入札価格を千円と決めた。条件は、住宅用地として使うことと、景観に配慮して3カ月以内に解体・改修に着手することなど。

むむ、やはり条件があります。
・ちゃんと住むこと。
・さっさと改築or改修すること。
シャレで買うという訳にはいかないかな?

市の財政再建計画には住宅改修費も解体費も盛り込まれておらず、このまま放置しても積雪で倒壊するなど荒れる一方と見られていた。今回の試みがうまく行けば、同様の物件売却を続け、財政再建の一助にするとともに、わずかながら人口増にもつながればという狙いだ。 担当者は「これからの季節だと少々寒いかもしれないが、夕張の冬を実感したいという人もいるのでは」と期待する。問い合わせは夕張市総務課税務管財グループ(0123・52・3120)へ。

積雪で倒壊・・・
こちらの地方では考えられないですが、現実的な話のようです。
とても「少々寒いかも」「自然豊かな」「ぜひスローライフを」「夕張の冬を実感したい」なんてレベルじゃないようです。
甘く見てたか・・・

ちなみに一般の意見としては
・燃料費滅茶苦茶かかる
・リフォーム代もかかる
・まともな娯楽も仕事もない
・周囲にお店などは殆ど無い
・財政破綻してるせいで公共サービスも危うい
・冬は雪がメートル単位で降り積もる極寒地獄
・交通機関はまるで未発達、車所有は生活の必須条件
・住人は年寄りばかり
・屯田兵か?
・下水なし
・ヒグマに襲われそう
・夕張は老齢人口が6割超え
・布団が自分の吐く息で凍るところ
・ADSLでさえ不可のところ
・スローライフじゃなくてスノーライフだろ
などなど。
ボロクソ言われてますが、納得できちゃうのが怖いところ。

さすがに夕張に美味しい話があるわけも無く、購入するにはかなりの覚悟がいりそうです。
誰かチャレンジャーはいませんか?



にほんブログ村
埼玉食べ歩き




  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.