群馬のイベント・スポット

藤岡市鮎川温泉の「金井の湯」

投稿日:2008年11月15日 更新日: |author: ダニエルさん

南天紅でカツセットを食べて満腹になったあと、癒され徘徊さまのブログで紹介されていた鮎川温泉の「金井の湯」に行ってきました。
http://blogs.yahoo.co.jp/karage86/22513763.html
妻の実家からわずか7kmほど離れたところのこんな温泉があったとは!
温泉好きの私としては見逃せません。


実家から妻と義母を乗せて出発します。
しかし、ナビに住所や電話番号を入れても該当地なし。
おいおい、大丈夫なのか?
地図を印刷してくればよかったなぁ・・・
近くに行けば看板くらいあるだろ、と考えてとりあえず住所の付近にいってみます。


金井は藤岡から見て南西の方向。
山が近くに見え「ああ、群馬に来たんだなぁ」という気持ちになります。
ナビを信じて示す方向へ行きます。
たしか看板が出ているはず。
夕暮れ時なので看板を見逃さないように慎重に走ります。


所々に「金井の湯」の赤い看板がありましたので、その指示に従っていくとまさに山の中。
どんどん道は細くなりますが、看板を信じて走ります。
これ、夜になったら絶対に迷うよなぁ。
というかここまでたどり着けないと思う。


s-IMG_0214.jpg
最後の坂道を下り、ようやく終点、なんとか到着しました。
山の中に思ったよりも立派な建物があります。
平日の午後4時ごろに到着したのですが、結構駐車場には車があります。
さっそく入館します。


入館料は以下のとおり。
大人700円(4時間) 1,200円(1日)
子供450円(4時間)  800円(1日)
高齢者450円(4時間) 800円(1日)


お風呂はそれほど広くはないのですが、しっかりポイントは押さえています。
内湯には普通の湯船のほかに、「でんき風呂」「マグナムバス」「ジェットバス」などもあります。
源泉を使用した湯船もあり、その周辺のタイルの変貌振りに源泉のパワーを感じます。
さらにサウナと水風呂もあります。
特にサウナは温度は低めながらも発刊作用は抜群。


そしてお目当ての露天風呂。
目の前を流れる鮎川と、紅・緑・黄の木々が目の前に広がる、すばらしい眺めの露天風呂です。
まさに森林浴の気分。
お湯はもちろん源泉です。


泉質は塩辛いもので、少々濁り気味。
入浴していると、水圧と言うのか、体にかかる圧力が強い感じです。
こりゃ良いお湯だ。
長時間入浴していると結構体力を消耗するけど、心地よい疲れです。


たっぷり温まって帰りました。
体が熱いので、Tシャツ1枚で帰りました。
もっと寒くなったらまた来よう。

No tags for this post.
掲載情報について
このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの掲載時点での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。 また、掲載されている文章・画像に関して何か問題があればご連絡下さい。確認後、適切な対処を取らせていただきます。
コメントの書き込みについて
コメントの書き込みなどは、ご自身の判断・責任で行っていただくようお願いいたします。同じ表現でも、人によっては受け取り方が違い、不愉快に感じられてしまうこともございます。意見や反論を書き込む際には、投稿する前にもう一度読み返し、無用なトラブルに発展することがないようご注意ください。特にお店へのクレーム・誹謗中傷・個人情報などの書き込みは厳に慎んでください。なお、管理人が適切ではないと判断したコメントは削除させていただきますのでご了承ください。
他店のコメントの書き込みについて
お店の記事に他のお店のことを書くのはご遠慮ください。 例えば、あるラーメンの店Aの記事に「Bという店の○○も美味しいですよ」とかいう場合です。 コメントを書いて頂いている人はもちろん悪気はないのでしょうが、こちらとしては非常に非常に微妙な立場です。 何卒お察しください。 書く場合はこちらの掲示板へどうぞ。
  • この記事を書いた人

ダニエル

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。

-群馬のイベント・スポット

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.