カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

住宅ローンの話:生命保険について

 お知らせ

不動産の話が続きます。
前回の住宅ローンの話:団信ってなんだ?の続きです。

住宅ローンを組むということは、住宅を買うということです。
大きな買い物ですね。
買うとなれば住宅ローンが家計にのしかかる為、ほとんどの家庭では以前より出費は抑えなければなりません。
無駄な出費をしている余裕は無いですよね。
ですから家計の見直しの必要があります。

見直しのポイントはたくさんありますが、大きなポイントとして「生命保険」があります。
住宅を購入しようとしているような人は、すでに何らかの生命保険に入っていると思います。
そしてその保険がどのような内容なのか、完全に把握している人は非常に少ないものです。
とくにお勤めの人は勧められるままに加入して、見直しもせずにそのままという人が多くいます。
人生における保険の見直しが必要な時は「結婚」「出産」「住宅購入」です。

保険というものは多すぎても少なすぎても損をするものです。
しっかりと自分のライフプランに合わせて設計し、過不足ないようにする必要があります。
保険が現在の生活に対して過剰である場合、保険料の払いすぎとなります。
これを見直すことによって月々の保険料に支払いが少なくなります。
その分を住宅資金へ回せるかもしれません。
また保険が現在の生活に対して不足している場合は大変です。
すぐに見直す必要があります。
保険が必要になる事件は今日、起こるかもしれないのです。
この場合は保険の支払いが増えますが、リスクを考えたらそれどころではありませんね。

ちょっと脱線しかかりました。
今回は住宅ローンと団信にからむ話です。

ただでさえ良くわからない自分の保険、住宅の購入によって保険の保障の内容と、払っている保険料に過不足が生じる場合があります。
生命保険の基本的な考え方として「死亡時に遺族に必要な費用を残す」というものがあります。
必要な費用とは
・生活費
・教育費
・子供の結婚資金
・住宅資金
・死後整理資金
・予備資金
などです。
厳密にいくら、というのはその家庭によって全然違うので一概には言えませんが、この中で大きいのは何と言っても住宅資金です。

住宅ローンや家賃などは支払いの金額が決まっているので、切り詰める事が出来る質のものではありません。
ですが前回、住宅ローンを組むときに団信も加入することを書きました。
万が一の時、住宅ローンはチャラになりますので、上記の「住宅資金」は必要ないことになります。
ということは生命保険で必要な補償額は大幅に減りますので、現在加入している生命保険を小さくできます。
そうなれば月々支払っている生命保険料は少なくできるということになります。
これで家計が少しは助かりますね。

ですから住宅ローンを組んだ時、または組もうとしている時は必ず生命保険を見直してください。
知らずに余分な保険料を支払っている人は多くいます。

もう少しありますので、さらに次回に続きます。


にほんブログ村
埼玉食べ歩き





  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.