カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

Yahooブログバックアップ 不動産の話

抵当権つき賃貸物件は普通か?

今回は真面目に不動産の話です。
最近、相変わらず不動産のネタが少ないので、自分の仕事が何なのか疑問に思ったりしてます。

賃貸物件についての相談を受けました。
「契約しようとしている賃貸物件に抵当権がついている。これはいざという時に立ち退かなければいけないのか?そんな物件では危なくて住めない!」
これは確かに一般の人にはわかりにくい話ですが大事な話です。
売買にも賃貸にもかかわってくる話なので、抵当権についてわかりやすく解説していきたいと思います。

そもそも抵当権とは何でしょうか?
簡単に言うと「貸したお金を返してもらえないときの保険」ってところです。

あなたが家を建てるときに銀行から住宅ローンで2千万円を借りるとします。
銀行としては2千万円に金利を乗せて、何年もの長い年月をかけて返してもらいます。
しかし、大きな金額ですし期間も長いので、中には最後までローンを払えない人もいます。
いくら貸した側が「約束だから残金を払ってくれ」といっても、払えないものは払えません。
個人間でのお金の貸し借りではよくこういうことがありますね。
ですから銀行は住宅ローンを払ってもらえない場合のことも考えなければなりません。

そこで出てくるのが「抵当権」です。
この場合は建てた家に銀行が抵当権をつけます。
どうしてもローンが払えない場合は抵当権を実行することになります。
具体的にはその家を競売で売って、売れた代金をローンの残金に当てます。
こうすれば銀行はたとえお金を貸した本人がローンを支払えなくなっても、残金の取りっぱぐれが無いわけです。
競売の売却代金がローン残高に足りないとか、抵当権が複数付いている場合などは面倒なことになりますが、ここでは省略。

ですからローンの残っている物件には抵当権が付いているのが普通です。
もちろんローンが終われば抵当権は抹消することになります。
ほとんどの人は返せる範囲内でローンを組みますので、抵当権が実行されることはありません。

これは賃貸物件に関しても同じことです。
普通の賃貸物件のオーナーさんは、土地だけ持っています。
そこへ建物を立てて賃貸するわけですが、その建物を立てるお金は銀行などから借りるのが普通です。
手持ちの現金だけで建築できるオーナーさんはほとんどいません。
銀行などから借りれば当然、抵当権は付きます。
ですから賃貸物件に抵当権が付いているのは普通のことです。
ほとんどの人は返せる範囲内でローンを組みますので、抵当権が実行されることはありません。
オーナーさんは家賃収入の大部分をローンの返済に回すことになります。

ですから「抵当権付の物件」は普通で、そんなに心配することはありません。
しかし注意すべきポイントはあります。
建物の価値以上に抵当権が付いているのは異常です。
また、まっとうな金融機関以外の抵当権が付いている場合も注意が必要です。
そういう物件を買ったり借りたりする場合は注意しましょう。
心配ならとりあえず専門家に相談したほうがいいです。

長くなってしまったので次回につづきます。






  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-Yahooブログバックアップ, 不動産の話

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.