日記

赤十字の救急法基礎講習

という訳で、赤十字の救急法基礎講習を受けてきました。
場所は小川町の赤十字病院で、時間は9:30から16:30まで。
今回の講習内容は「一次救命処置」です。
これは心臓や呼吸が停止した傷病者を救命するために実施する緊急処置です。
実際には以下の3点の講習と実習を行いました。
・心肺蘇生法
・AEDを用いた除細動
・気道異物除去


午前中の最初はテキストを用いての講習です。
これは聞いているだけなので、眠くなってしまいます。
でも周りの人たちはみんな真剣。
わざわざ休日を使って自主的に講習を受けに来ている人達なので、真剣なのは当たり前ですね。

午前中は実技も少しやりました。
受講者同士でペア(バディという)をつくり、お互いに気道異物除去などを実習。
みなさん、ほんとに真面目にやってます。

昼食後の午後はいきなり実技です。
心肺蘇生法とAED使用法を主にやりました。
心肺蘇生法なんて自動車運転免許取ったとき以来です。
お相手は上半身だけの色男、JAMY-III君。
足なんて飾りですよ!お偉いさんにはわかっているようです。


私が胸骨圧迫(心臓マッサージ)をすると、強すぎると指摘されました。
「そんなに強くやると肋骨折れちゃうよ」だって。
緊張して力みすぎたようです。
ごめんよ、JAMY-III君。

クライマックスは実技評価。
さっきやった心肺蘇生法とAED使用法をドラマ仕立てでこなします。
何組か同時進行なので、発声は無し。
身振り手振りと口パクですべての動作をこなします。
これに合格しないと赤十字救急法基礎講習終了認定証がもらえません。
認定証が無いと、次のステップである「救急法救急員育成講習」が受講できません。
プレッシャーがかかる中、みなさん練習どおりにクリアしたようです。

最後に学科試験です。
どんな試験かまったくわからないため、みなさん緊張気味。
配られたのは10問の4択問題でした。
ちゃんと講義と実技をこなして、問題をよく読めばちゃんとわかるものなので、楽々クリア。
これにて基礎講習は終わりです。

さて、次は救急法救急員養成講習です。
内容は「急病の手当」「けがの手当」「止血の仕方」「包帯の巻き方」「骨折の手当」「搬送の仕方」「救護について 」などの講習と実習です。
より普段の生活でも役に立つ内容です。
早速、今月末に受講できるように申し込みも済ませました。
今度は平日の連続3日。
うーん、また仕事を休まないとなぁ







本庄・熊谷・前橋の空手教室 & 籠原の剣道教室

掲載情報について

このサイトで掲載されている情報は、管理人の主観的な体験を基に記述されています。客観的な評価ではありませんのでご注意ください。また、掲載されている内容につきましては、それぞれの執筆当時での情報ですので、現在とは異なる場合もございます。掲載情報は、ご自身でご確認の上、ご利用いただけますようお願いいたします。 特にメニュー、価格、営業時間等は変わっている場合がありますので、注意してください。
  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-日記

© 2020 カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 Powered by AFFINGER5