カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

菖蒲のグルメ

久喜市菖蒲町下栢間「JA南彩食堂」のもつ煮とカレーうどん

2008年3月21日

私の生まれ故郷の菖蒲町、駅がないのであまり知られていません。
ちなみに読みは「しょうぶ」。
最近ではラベンダーでそこそこ名を売っているようですが、基本的にマイナーな町です。
埼玉県民でも知っている人はあまりいないのではないでしょうか?
国道122号を使う人以外では、知っている人にあまりあったことがありません。



私はここで3歳から25歳くらいまでをすごしました。
あまり飲食店も無く、地元での外食の記憶はあまり無かったように思います。
そんな菖蒲町の農協には昔から食堂があります。
・そばがメインの「農協食堂」です。
私の中では「農協」というといまだに「・そば」のイメージです。


昔はボロい食堂でしたが、今はきれいな建物です。
客席はテーブル・座敷を合わせて200人くらいはあります。
そしていつも駐車場も席もいっぱいです。
でも回転が速いので、「席がない!」ということは滅多にありません。


メインのうどん、そばは手打ちのしっかりしたもの。
県北のごわごわしたうどんと違い、太さは普通。
でもしっかりコシはあります。

s-img_8078
私が「」と「もつ煮」を初めて知ったのはここです。
カレーうどんを初めて食べたとき、普通のカレーライスとは違う、和風だしとカレーの混ざった味に感動した覚えがあります。
カレーうどんは冬季限定なので、冬に行くとは今でもいつもカレーうどんです。
味はそこそこスパイシーですが、汗だらだらってほどではありません。
けっこう和風ダシが効いている感じです。
夏にやっていないのが残念。


s-img_8076
もつ煮は食わず嫌いだったので、ずっと食べたことはありませんでした。
しかし、たまたまここで少しもらって食べてみたら非常に美味しく、それ以来もつ煮大好きになってしまいました。
ですから自分の中で「もつ煮」といえばここの味がデフォルトなのです。
そのもつ煮にご飯、けんちん汁、いも天、キンピラ、漬物がついた「もつ煮定食」が冬以外の私の定番です。
ちなみに私のもつ煮ランキングではここがトップです。
もつ煮をどんぶり飯のうえにドバァっとかけて食べるが好き。
写真は農協定食プラスもつ煮単品追加。
s-img_8075



そして今回値段表を見て疑問が。
s-img_8081
もりうどん370円 → 大盛り500円 (プラス130円)
ざるうどん420円 → 大盛り540円 (プラス120円)
天ぷらうどん450円 → 大盛り580円 (プラス130円)
肉うどん470円 → 大盛り590円 (プラス120円)

大盛りの値上げ幅が一定ではない?
随分考えましたが、違いが分かりません。
120円と130円の違いっていったい!?
誰か法則を見つけてください。


  • この記事を書いた人
ダニエルさん

ダニエルさん

肉とジャンクフードをこよなく愛する男。本職は籠原の不動産屋さんです。 【籠原の不動産屋さん】紀ノ国商事株式会社

-菖蒲のグルメ
-, ,

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.