カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】

籠原・熊谷・深谷など、埼玉県北部を中心におすすめランチ・グルメ・地域情報などをゆるゆると発信中

日記

心と身体の本能に関する一考察

偉そうな題名ですが、先日デザートバイキングに行って考えたことがあります。

しょっぱいもの、この場合は甘くないもので、いわゆるデザートで無いもののこと。
ご飯や味噌汁をはじめ、とんかつ、ハンバーグ、唐揚げなどのおかずなどなど。
これっておなかいっぱい食べることができます。
胃袋が満タンになってはじめて「もう食べれない」となります。

これが甘いものだったらどうでしょう?
ケーキや饅頭、プリンにゼリーなどの、いわゆるスイーツ、デザートの類です。
前回のスイーツバイキングで悟りましたが、とても胃袋満タンまでは食べれません。
おなかいっぱいの前に胸がいっぱいになり、口を開くのもイヤになります。
胃袋の前に脳がギブアップした感じです。

同じ食べ物なのに何が違うのか、甘味で脳がクラクラするなか、考えました。

結論として「しょっぱいもの」は生活必需品であるからだと思います。
生活必需品は体が欲しているわけで、いくらあっても困りません。
塩か砂糖のどちらがより重要かといえば、それは塩です。
だからいくら食べても大丈夫で(とはいえ飽きますけど)、胃袋の限界まで食べられます。
これは生き物の身体の本能なのです。

逆に「甘いもの」は贅沢品です。
贅沢品とは、あれば心が潤うけど、無くても何とかなるものです。
さらに、贅沢品は希少で無ければなりません。
たくさんあっては、それはもはや贅沢品では無く普及品で、ありがたみは無くなります。
贅沢品はなかなか手が届かなく、憧れだからこそ贅沢品なのです。
ですから甘いものが食べ放題だった場合、胃ではなく心が拒否します。
甘いものが好きだからこそ、その甘いものは至高の存在で居て欲しいという心理です。
これは人間の心の本能なのです。



えー、長々としょうもないことを書き綴ってしまいました。
ようするに「甘いものは少ないからこそ有難く、美味しいものである」といいたかった訳です。
もちろんこれは私個人の感想であり、「甘いものが生活必需品だ!」という人も居ると思います。

現実的には「空腹時に甘いものを食べると急速に血糖値が上がり、満腹感が出る」というところですが、甘いものを「もう食べれねー」と言いながら、しみじみ考えてみました。







  • この記事を書いた人
アバター

yahoo

-日記

Copyright© カゴハラネット【埼玉県 籠原 熊谷 深谷 情報】 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.